MENU

カバラ占い

 

カバラ占いというのは、生年月日を元にして占う方法の一つです。カバラ占いでは、生年月日から割り出した運命数を基にして、色々な占いを行います。運勢を占いで見ることが出来るのですが、カバラ占いでは、性格判断もできますし、それだけでなく恋愛や結婚についても占うことが出来ます。金運や自分にぴったりの職業がなんなのかということについてなども、カバラ占いで知ることが出来るのです。カバラ占いは、他の占いと同じように基本は生年月日から運命を占うことが出来る占いですが、このカバラ占いで利用される運命数というのは全部で11の運命数があり、それぞれ個性があります。運命数を見れば、意中の相手との相性占いもできますし、家族や知り合い、結婚相手との人生についてもカバラ占いで占うことが出来るのです。
カバラ占いをやっている人は、意外と占いの結果が当たることにびっくりしているようですから、カバラ占いをまだやったことがない人も、一度やってみてはいかがでしょうか。それほど雑誌やテレビなどで紹介されているほどカバラ占いは有名な占いではありませんが、よく当たるとのことで運命数の出し方さえわかれば、自分でカバラ占いをして、色々な人を占ってあげることが出来ますから、占い初心者でもきっとできるようになると思います。当たるか当たらないかは、もともとある運命数が教えてくれますから、外れがあまりない占いとしても知られており、人気の占いの一つです。

タロット占い

 

タロット占いとは、タロットカードを使った占いをします。タロットカードというのは78枚あるのですが、この78枚のタロットカードを使って色々なことを占っていきます。タロットカードの78枚には、それぞれ意味があります。その意味と自分が悩んでいる内容に合った展開の方法でカードを並べていきます。タロットカードを並べる場所に、現在や過去、未来などの意味が込められていて、どこの場所に度のタロットカードが開かれたのか、そして正位置なのか、それとも逆の位置なのかによっても、占いの結果の意味は違ってきます。
タロットカードはとても意味の深い占いで、こういった色々な情報を自分でカードをめくって展開していくことで見ていき占いをしていきます。開いたカードから、インスピレーションなどを受け取りながら、占ってもらいたいと思っている人、占いの相談内容などの意味合いを引き出して占いをします。タロット占いではそれほど数年先の占いをするというよりは、今現在悩んでいることについての占いや、せいぜい半年くらい先くらいの単位での占うということになっていますから、それほど長い将来を占うことには適していません。
タロットカードには、22枚のメジャーアルカナカードと、56枚のマイナーアルカナカードが用意されています。その中でも色々とまだ種類が分けられていて、それぞれインスピレーションを元にして、開いて行って、相談している人の相談内容を占っていくという仕組みで行われています。

前世占い

 

前世占いというのは、自分の前世がどんなもので、どん人生を送っていたのか、その前世で誰と出会っていたのか、それを占うことが出来る占いを、前世占いといいます。この前世占いで前世を知ることでどんなメリットがあるのか、それは、今現在で、自分が悩んでいたり、苦しんでいることがあるとします。その原因となっていることは、元をただせば、前世に原因があるかもしれません。
前世占いの目的としては、前世を知るということで、人は死んでそれで終わりではありません。生まれ変わりや引き継ぎなどもあるのです。前世占いをすることによって自分の魂の元を訪ねる、知ることになります。前世占いは、ただ単に自分の前世について知ることだけが目的ではありません。人間が生まれ変わりを繰り返していることや、命というのは生まれ変わりを永遠と繰り返すこと、前世で送ってきた人生を、今の時代で修正しながら生きることで、今抱えている悩みを改善させたりすることが出来ると考えられています。今悩みを抱えている人で、どうやって改善すればいいのかわからない人は、悩みを解決させる糸口は、もしかすると前世にあるのかもしれません。ですから、前世占いをして、前世をたどるということはとても大切なことなのです。記憶が覚えていればいいのですが、それは不可能ですから、あえて占いという力を借りて、占いをして前世の自分を知るというのが、前世占いということになり、今の時代に悩みを抱えている自分にも役立ちます。